FC2ブログ
プロフィール

鯉を狙ってます

Author:ちょりろー
・ご訪問ありがとうございます。
 いつでも、お気軽にお越しください。

 管理人は神奈川県横須賀市在住の会社員です。
 気が付けば10年もだらだら更新してます。
 職場が遠いので、平日はさぼりがちですm(__)m 

・上の猫の動画はこちらの記事にあります。


カレンダー(月別)
06 ≪│2019/07│≫ 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

シンプル親子カテゴリ

FC2カウンター

童心にかえりっぱなしの日々
ほぼ作成者の備忘録ですが、役に立つ情報もあるかも?
『不如帰』を読みました
去年の大河ドラマ『八重の桜』では、同志社に徳冨猪一郎の弟・徳冨健次郎が入学してきました。
そういえば、徳冨蘆花と『不如帰』は国語の資料集に載っていて、授業でも習ったはずでしたが、作品を全く読んでいませんでした。大河ドラマでは出版された『不如帰』の表紙を満足そうに見つめる姿もありました。
それがきっかけで、岩波文庫から出ている『不如帰』を読んでみることにしました。

続きを読む...

テーマ:読んだ本の感想等 - ジャンル:小説・文学

北方版『水滸伝』 19巻の感想
『水滸伝』(集英社文庫・北方謙三)19巻の感想です。
読み始めてもう1年近く経ってしまいましたが、ついに読み終わりました。

震災のあった日には5巻を持っていて、6時間のタクシー待ちの間に明るい場所へ移動したとき、取り出して読みました。
そんなこともあったりして、去年は『水滸伝』の年でした。

続きを読む...
北方版『水滸伝』 17巻・18巻の感想
『水滸伝』(集英社文庫・北方謙三)17巻・18巻を読み終わった時点の感想というより、最近は単なるメモのようになっています。

続きを読む...
北方版『水滸伝』 15巻・16巻の感想
『水滸伝』(集英社文庫・北方謙三)15巻・16巻を読み終わった時点の感想というよりメモのようになっています。
前回からかなり期間が開いてしまいました。次回はもっと早くしたいと思います。

続きを読む...
北方版『水滸伝』 13巻・14巻の感想
『水滸伝』(集英社文庫・北方謙三)13巻・14巻を読み終わった時点の感想です。

続きを読む...

ブログ内検索

コロちゃん

ブログなどに貼りつける場合はこちらをご覧ください。

ポインタ・スイッチ



花のポインタ
でかポインタ

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する